カテゴリー
オープンワールド

ELDEN RING テストプレイの感想

金曜から日曜まで時間ギリギリまでプレイすることができた。新作といえどもソウルライクな操作性や世界観で、ダークソウルシリーズをプレイしてきた人には何の違和感もなく楽しめると思う。

PS4でプレイしたが、画像キレイ。美しい風景。序盤のチュートリアルがソウルシリーズと比べて凄く親切。

テスターの規約的に画像が出せないのが辛い。

預言者で開始してみた。

男は黙って棍棒。

まずはレザーシールドを購入した。攻撃魔法の獣の爪が燃費も良くてめちゃめちゃ強い。鈍器は致命くらいでしか使ってない。

ボスは2体しか倒せず。マルギッドも当然倒せていない。白霊さん呼んでも1/3削るのがやっとだった。

テストで行けるエリアだけでも、探索してるとあっという間に時間が過ぎる。

ソウルシリーズと違うところ。

  • 両手持ちのコマンドが変更されていた。△+R1 or L1。
  • いつでもジャンプが可能。ジャンプ中R2でジャンプ攻撃。かっこいい。
  • ガード直後にR2で反撃できる。相手が雑魚なら、反撃後に致命攻撃ができる。
  • ダークソウルシリーズよりも酔いづらい。理由は不明。
  • しゃがめる。しゃがみつつ茂みに隠れてバックスタブできる。
  • 馬に乗ってオープンワールドを走り回れる。騎馬戦も可能。
  • 簡易マップが表示される。地図を取得すると詳細なマップとなる。

テストの総評

ソウルシリーズから正当進化した作品で、間違いなく神ゲーになると思われる。2月のリリースが楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。